読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無印良品のハンドシュレッダーでクロスカットする方法!無印以外の手動シュレッダーでも使える技です。

低価格なハンドシュレッダーでは一方向にしか裁断できないのが多いですよね。少しお金を出すとクロスカットといって、縦横で裁断し、小さな四角にしてくれます。私は無印良品のハンドシュレッダーを使っていますが、ちょっと手間を加えることでクロスカットができることに気づいたので書いてみたいと思います。

 

 

 

 

今回裁断する紙は画像の通りの大きさです。

f:id:e5j:20161120125842j:plain

 

まずは、普通に裁断していきます。ただし、全部は裁断しないでください。上部の1cm~2cmほどを残します。そこまで切ったら、ハンドルを逆回転して、紙を取り出します。f:id:e5j:20161120125746j:plain

 

取り出した状態です。f:id:e5j:20161120125832j:plain

 

ポイントはここからです。90°回転させてセットし、裁断していきます。すでに部分的に裁断されていてうまく引き込んでくれませんが、手で支えてあげながらハンドルを回します。

f:id:e5j:20161120125818j:plain

 

すると、以下のようにクロスカットのできあがりです!最初に切ったときの上部は長いままになってしまいます。この部分に個人情報など重要な情報が入ってこないように裁断する前に調整をしてください。

f:id:e5j:20161120125805j:plain

 

また、この方法をすると、少なくとも私が使っている無印良品のハンドシュレッダーでは細く裁断したゴミがシュレッダー内に残って、持ち運び中にひらひらと落ちてしまいます。ですので、裁断後に軽く降って内部のゴミを出し切るようにしましょう。

 

 

 

 

以上、ストレートカットでも一手間かけるとクロスカットができるようになります、という方法でした。

無職になったらこういう一日を過ごしたい。理想の無職の日常を妄想します。

僕は働くのをやめて無職になりたい。時間、仕事に縛られることのない無職になりたい。僕は歩いて通勤しているのですが、よく、無職になったらどうやって毎日を過ごそうかな、と妄想を膨らませながら歩いているのです。通勤途中の公園で見かけるお年寄りがゲートボールをする姿をみるとうらやましいなと思います。平日の朝から公園でゲートボール。時間、仕事に縛られていません。うらやましいです。べつにゲートボールがしたいわけではありません。そんな僕が考えている無職の理想的な一日をつらつらと書いてみたいと思います。

 

7:00 起床

無職になったら早寝早起きをして健康的に過ごしたい。無職だからこそ早起きが可能だと考えている(後述)。もちろん、目覚ましなど使わない。目覚ましを使う必要がないからです。なぜなら、「遅刻」が存在しなから。

布団から出て、ベランダの窓を開けて大きく深呼吸をしたい。絶対気持ちが良いだろうなと思います。世の中の多くの人が学校、会社へ行く中、僕はそういう場所へ行く必要がない。学生、社会人という肩書を失うが、平日の朝に気持ちのよい深呼吸をするという権利を得ることができる。

 

8:00 散歩、運動

無職になったら健康的に過ごしたい。そのためには適度な運動が必要でしょう。散歩に出かけます。死にそうな顔をしながら通勤通学をしている学生とは違い、自由を手に入れた無職なので死にそうな顔をしていません。かといって、生き生きとしているかはわかりませんが。20分から30分くらい散歩をして、帰宅します。その後は腕立て伏せや腹筋をしましょう。

 

9:00 朝食

録画したアニメを見ながら朝食です。主食はご飯かパン。野菜も摂りたいですね。働いていたときも朝食は毎日食べていました。憂鬱すぎて味を全く感じませんし、何を食べたのかもすぐに忘れてしまっていました。無職になれば、毎朝の朝食も美味しく感じられるでしょう。

 

10:00 自由時間(午前の部)

無職なので常に自由なのですが、いい言葉が思いつかなかったので自由時間としました。自由を謳歌するための時間です。必要に応じて買い物に行ったりします。

 

12:00 昼食

自分で料理をします。つまり、自炊です。心理的な自由と時間があれば、自炊ができます。働いているとそういった自由がないため、自炊ができません。また、働いていたときは会社という居心地の悪い場所で食事を取っていましたが、自分の部屋という居心地の良い場所で食事ができます。しっかりと味を感じることができます。

 

13:00 自由時間(午後の部)

無職なので常に自由なのですが(以下省略)

 

18:00 夕食

自分で料理をします。つま(以下省略)

 

19:00 散歩、運動

運動は大事です。

 

20:00 自由時間(夜の部)

無職なので常に(以下省略)

 

24:00 就寝

無職だからと言って夜更かしはしません。する必要がありません。なぜなら、また明日やればいいのです。夜更かしの原因は、今日やり逃したことに対する後悔が関係しているという話を聞いたことがあります。たしかに、と僕は思っています。もっとやりたいことがあるのに、寝てしまったら明日が来てしまう……。そんな気持ち悪さ……。こういう考えは無職には必要ありません。常に、自由な明日が存在するからです。明日は何をしようかなと考えながら眠りにつきます。

 

独身・無職者のリアル (扶桑社新書)

独身・無職者のリアル (扶桑社新書)

 

 

一日の流れをざっと書いてみました。書いていると早く無職になりたいという気持ちがよりいっそう強くなりました。早く無職になりたい。

みなさんも、自分が無職になったらどうやって一日を過ごすか考えてみると何か発見があるかもしれませんよ。

 

以上、無職になりたい僕が考える理想の無職の日常、でした。

コミュ障が『飲み会』を切り抜ける方法を紹介します!

 まず皆さんに言いたいのは参加を断れるのであれば断ってくださいということです。

なぜコミュ障のあなたを誘うのかというと、表向きは全員を誘わなければいけないからです。本当はコミュ障のあなたを誘いたくなんかありません。でも、コミュ障はそれに気づかず、「ぇ……え、あ、ささ参加しっします」とか言ってしまう。

断りましょう。みんな得します。

でも、いろいろあって断ることができないこともあるかと思います。そういうときのために嫌で嫌で仕方のない飲み会を乗り切る方法を紹介いたします。

 

隅っこの席に座る

席の端の方を陣取りましょう。とにかく目立たないことが重要です。隅っこならば、両側の人が自分をまたいで会話を発生するという地獄を回避できます。どうしても隅っこの席は数が限られているので会場には少し早めに行って席を確保しましょう。また、あなたが普段から陰キャラオーラを出しているのであれば、きっと「同類」があなたの近くに座るはずです。そうなればその一帯は陽側の人たちから完全に隔絶した『ゾーン』となるでしょう。早めに会場に行くのは勇気がいるかもしれません。しかし、その後の数時間を落ち着いて過ごすための代償としては安いでしょう。

 

ひたすら食べる

「いや、僕、食べに来ただけだから」というオーラを出すことが重要です。会話など耳に入れずひたすら食べましょう。たぶん「○○くん、食べるねぇ~!」みたいな振りをしてくる人が出てきますが、てきとうに「あっはい」とか言っておけばよいです。

 

寝たふり

酔って眠たくなってしまったふりをしましょう。頬杖をついてうとうとする感じが良いと思います。ただ、この方法は結構目立つので周囲の状況をよくみて実行してください。タイミングを間違えると「○○くん、寝てる?」という一言とともに注目の的になってしまいます……。

 

帰る

この方法はまだ実行したことがないのですが、意外とイケるのでは?と思っています。帰るタイミングとしてベストなのは、会場が十分に盛り上がっている最中です。「ちょっとトイレ…」と言って席を立ち、そのまま帰ってしまいましょう。たぶん、次回から呼ばれなくなりますので、かなり”おトク”です。

 

 

以上、年に数回発生する厄介イベント『飲み会』をコミュ障が切り抜ける方法の紹介でした。

基本情報処理技術者試験平成28年秋午後アルゴリズム問題解説

 

問題

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2016h28_2/2016h28a_fe_pm_qs.pdf

解答

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2016h28_2/2016h28a_fe_pm_ans.pdf


設問1

a

p 0

先頭に*があります また、この時点ではsignifは初期値のoffです。
つまりケース8です。
更新処理により、fill文字(*)をセットします。signifはoffのままです。

Patern *
signif off
v 0

 

p 1

次に□です。ケースは1,4,5,6,7です。
さらにsignif off ですので、ケースは1,4,5に絞り込みます。
さらに、Value[v]のあたいで絞り込みます。このときvは初期値の0が入っています。
よってケース1で決定します。
更新処理により、Pattern[1]にfil文字(*)をセットします。signifはoffのままです。
このときvに1を足す処理があることに注意してください。

pattern **
signif off
v 1

 

p 2

次も□です。p1のときと同じなので解説は省略します。
結果は以下のとおりです。

pattern ***
signif off
v 2

p 3
今回は , です。□でもなく■でもなくsignifがoffなのでケース8です。
結果は以下の通りです。vは加算しません。

pattern ****
signif off
v 2

p 4
また□です。vは2なのでValue[2]は0です。よってケース1です。
p1と同様の処理をします。

pattern *****
signif off
v 3

 

p 5
ケース1ですのでp1と同様の処理をします

pattern ******
signif off
v 4

 

p 6
ケース1ですのでp1と同様の処理をします

pattern *******
signif off
v 5

 


p 7
#です。□でもなく■でもなくsignifがoffなのでケース8です。
fill文字をPattern[7]にセットします

pattern ********
signif off
v 5


ループの条件が「pがPattern[]の文字列長未満である限り」ですので、ここでループを終わります。
つまりこの時のPattern が答えです。

イ "*******" になります。

 

b

p0
ケース8です
*
off
0

 

p1
ケース1です。
**
off
1

 

p2
ケース1
***
off
2

 

p3
ケース1
****
off
3

 

p4
ケース8
*****
off
3

 

p5
ケース4
*****1
on
4

 

p6
ケース6
*****12
on
5

 

p7
#です。ケース9です。
*****12#
on
6

 

ループ終了です。
答えは ア"*****12#"です。

 


c


p2までは同じなので割愛します。
p2終了時は以下のとおりです。

***
off
2

 

p3
■です。Value[2]は0です。Value[2+1]つまりValue[3]は1です。ケース2です。

****
on
3

 

p4
.で、signifはonですので、ケース9です。
Pattern[4]をそのまま残します。
****.
on
3

 

p5
Pattern[5]は□です。signifはonです。Value[3]は1です。Value[4]は2です。ケース6です。

****.1
on
4

 

p6
Pattern[6]は□です。signifはonです。Value[4]は2です。Value[5]は+です。ケース7です。

****.12
off
5

 

p7
Pattern[7]は#です。signifはoffです。ケース8です。

****.12*
off
5

ループ終了です。
答えは エ"****.12*"

 

設問2

問題となっている処理があるのはループ内の「Pattern[p] = "□" or Pattern[p] = "■"」が真のときです。この点を注意してください。
dを見ていきます。
dの条件分岐では真のときにPattern[p]にfillを代入しています。偽のときPattern[p]にValue[v]を代入しています。
この処理はつまり、Patternの更新処理です。
Patternの更新処理は3パターンあります。fillを代入、Value[v]を代入、そのまま、です。
dの処理があるのはsigif=offのときです。「そのまま」はsignif=onの場合にしか行いませんので考慮から除外します。
signif=offのときfillとValueの切り分けを行っている条件を探します。
また、解答群はValue[v]の値で条件を作っています。Value[v]でグループ分けをします。

fillの場合
ケース1,2,3
"0"

(ケース8もfillを代入していますが、先述したとおり□か■の場合に限られているので除外します。)

Value[v]の場合
ケース4,5
"1"~"9"

この時点でアかイに絞り込めます。
dの処理を改めてみると、真のときfillを代入しています。したがってValue[v]が0であるが条件になります。

 


e
eはsiginがonのときの処理です。ケース6,7が該当します。
(ケース9もsignifがonですが、先述したとおり□か■の場合に限られているので除外します。)
この2ケースを切り分けるにはValue[v+1]の値をみます。
eが真のときにsignifにoffを代入してます。これはケース7です。
答えはエです。

 

設問3

すみません。よくわかりません……。

答えはエです。

【おすすめアプリ2017年】僕が使っているAndroidアプリを紹介します。

僕の使っているAndroidスマホXperia Z,SO-02E,発売日 2013年2月9日)にインストールしているアプリを紹介します。随時更新します!

 

Chrome

家で普段使っているパソコンでChromeを使っているので連携を考えるとスマホでもChrome一択です。他にスマホ用ブラウザをちゃんと使ったことがないですが、おそらく描画スピードとかにはほぼ差がないと思っているので、連携重視です。

 

Googleアンケート モニター

グーグル謹製のお小遣い稼ぎアプリです。一回あたり10円ちょっとのアンケートがときどき送られてきます。ここ数ヶ月では毎月100円は溜まっています。たまに1アンケートで100円くらいもらえることもあるので楽しいです。

 

GooglePlayMusic

グーグル謹製の音楽ストリーミングサービスです。何がすごいかというと無料でも音楽をクラウドストレージに保存してスマホで聞けるということです。iTunesで取り込んだ音楽も自動でクラウドに保存してくれます。特に意識しなくてもパソコンで取り込んだ音楽をスマホで聞けてしまいます。これには感動いたしました。

 

Inoreader

RSSリーダーです。ほかに良さそうがないのがないので使っていますが、不満なく使えているので満足です。

 

Keep

グーグル謹製のメモアプリです。スマホとの相性がとても良いと思います。備忘録的に使っています。

 

LINE

友達がいないので家族相手にしか使っていません。

 

Twitter

楽しいツイッター

 

Yahoo!乗換案内

これがないと電車に乗ることができません。乗り換えアプリが無い時代の人たちはいったいどうやって電車に乗っていたのでしょうか。そう考えてしまうほどこのアプリに依存しています。

 

Yahoo!天気

 GPSで取得した現在地の天気をステータスバーに表示してくれる機能があり、気に入っています。雨雲が接近すると通知してくれる機能がありますが、これがなかなか精度が高く重宝しています。

 

 

 

以上、今現在つかっているスマホアプリの紹介でした。

絶対にインストールしないフリーソフトを紹介します!

「おすすめ厳選フリーソフト紹介」や「Windows再インストールしたら真っ先に入れるフリーソフト!」のようなブログ記事をよくみかけます。ここではそういったブログで紹介されてはいますが、僕個人は必要ないと思うフリーソフトを紹介していこうと思います。

 

ウイルス対策ソフト

Windowsに標準で入っているので必要ないでしょう。あえて他のものを使う理由が無いような気がします。むかしはマイクロソフトウイルス対策ソフトを提供してくれなかったので、アバストもAVGも使ったことがあります。

 

オフィス統合環境

マイクロソフトのOfficeOnlineやグーグルのGoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートがあります。家で個人的に使う分にはこれらのサービスで十分なのでインストールしていません。バリバリ使う人にとっては不十分かもしれませんが、そういう人はマイクロソフト純正のOfficeを購入したほうがよいでしょう。

 

プログラムランチャー

Windowsのスタートメニューに目当てのプログラムを登録しています。マウスでも操作できますし、Windowsキーを押してからキーワードを入力すれば候補として出てくるのでキーボード主体の操作でもとくに支障はないでしょう。

 

画像編集・イラスト

画像を編集したり絵を書いたりしないので使いません。そういうことがあったとしても標準のペイントで事足りそうです。

 

画像ビューア

ローカルの画像をたくさん見るということをあまりしないので必要ないです。ブラウザではたくさん見ますが……。

 

CD/DVDライティング

  • BurnAware Free

CDやDVDに書き込むソフトです。こういう機能はWindows標準にあって、エクスプローラから使えます。

 

 

クリーナー系

  • CCleaner

不要データを削除してくれるアプリです。個人的にこういうプログラムに効果があるのか疑っているので使っていません。ファイルを削除して容量を増やしたいというのはわかります。でも、レジストリを消したところでどうなるのか。心理的にスッキリするというのはわかりますが……。

 

そのお金のムダづかい、やめられます

そのお金のムダづかい、やめられます

 

  

以上、おすすめされがちだけど個人的には必要ないと思っているフリーソフトの紹介でした。